おしらせ・イベント情報

■ 葛原しげる生誕135年記念事業・福山城築城400年記念事業「小松耕輔とともに歩んで」のチラシを載せました。入場は無料。ご来場の祭は新型コロナ対策にご協力ください。

小松耕輔とともに歩んで」資料展示は葛原邸(福山市神辺町八尋)にて既に始まっていますので、土・日曜日、水曜日の開館日にお越しください。貴重な資料にも出会えますよ。

 ■5月3日(火)、4日(水)、5日(木)を追加開館して、通常見学対応(10時~16時)をします。(2022.4.22)

 ■ 葛原しげる生誕135年記念事業・福山城築城400年記念事業「小松耕輔とともに歩んで」を次のように開催します。入場は無料。ご来場の祭は新型コロナ対策にご協力ください。

日時6月25日(土) 開場⇒午後1時、開演⇒午後2時、終演⇒午後4時

場所神辺文化会館小ホール(福山市神辺町川北)

内容第1部:記念講演「 西 洋 音 楽 の 伝 道 師 小 松 耕 輔 物 語 」~ニコピン先生と共に歌を作り、歩んだ音楽家のお話~
   講師/小松義典さん(秋田県由利本荘市小松耕輔音楽兄弟顕彰会会長)と小林義人さん(本記念講演の同名本の原作者)
   第2部:(1)生涯忘れぬ歌 それは校歌(小松作曲・葛原作詞校歌) 市内小中高等学校校歌メドレー ⇒ 加地道歩さん

       (2)葛原しげる童謡の世界 坪北紗綾香さん(福山ばら祭「心に咲く花」を作り歌っている作曲家・歌手)

          &子ども達(夕日の里文化教室のみなさん)
 ※ 開場(午後1時)~開演(午後2時) ➡ 小ホールにて「小松耕輔物語」を上映します

 ※ 内容を変更する場合もありますので、ご了承をお願いします

<主催 葛原文化保存会、共催 福山城築城400年記念事業実行員会>

 

⦿なお、5月から関連の資料展を開催。小松耕輔と葛原しげるの交友及び小松耕輔(出身地の顕彰会活動含む)に関する写真、手紙、少年誌、新聞切抜、その他を展示➡場所/葛原邸(福山市神辺町大字八尋)、期間/5月1日から当分の間 開館日⇒水・土・日曜日(5月3・4・5日も)開館時間の詳細

 

 

小松耕輔さん(1884-1966)は秋田県由利本荘市出身です。西洋音楽の伝道師と呼ばれ、オペラの日本初創作を始め、オーケストラを育て、合唱運動を進め、童謡を作り広めて音楽の民衆化に大変活躍した作曲家・音楽家です。また著作権確立に尽力したことでも知られています。葛原しげるさんとは特に童謡、校歌作りを共にして仲が良くなりました。昭和天皇が学習院小学生の時(明治時代末)、大好きで口ずさまれた童謡「兎と狸」から始まってヒット曲「お山の細道」など童謡全230曲以上。福山市内にもたくさんある二人で作詞・作曲した校歌の数々、全110曲以上。二人の深い交友は、しげるさんの東京高師時代から亡くなるまで、毎週月曜日の童謡創作会議や毎年の那須温泉などの創作旅を繰り返しながら半世紀以上続きました。

 

 ■2月21日から土曜日・日曜日等の施設開放(見学対応)と水曜日の週中茶屋(見学含む)を再開します。(2022.2.19)

 ■新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置の延長のため2月1日~2月20日の間の土曜日・日曜日の施設開放(見学対応)と水曜日の週中茶屋(見学含む)は取止めます。(2022.2.1)

 ■新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置の福山市における適用のため、1月9日~1月31日の間の土曜日・日曜日の施設開放(見学対応)と水曜日の週中茶屋(見学含む)は取止めます。(2022.1.8)

 ■「くずはら祭」を今年も次のように開催します。入場は無料。駐車場は周辺となりますので係員の指示にてお願いします。ご来邸の祭はコロナ対策にご協力ください。<内容を記したチラシは削除しています>

 ■緊急事態宣言解除による福山市の対応に伴って10月からの土曜日・日曜日等の施設開放(見学対応)と水曜日の週中茶屋(見学含む)を再開します。(2021.10.2)

 ■9月21日(火)、葛原邸にて開催としていました「月見の会」については、新型コロナウイルス感染症拡大防止集中対策等が延長されましたので中止とします。ご了承の程お願いいたします。また見学対応も9月30日まで取止めます。(2021.9.10)

 9月21日(火)、葛原邸にての「月見の会」については当初のとおり開催の予定としていますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止集中対策等が延長された場合は、開催中止としますのでご了承の程お願いいたします。(2021.9.5)

 ■ 2021年10月23日(土)午後開催の葛原しげる生誕祭(生誕135年記念事業 テーマ「小松耕輔とともに歩んで」)~神辺文化会館小ホール~につきましては、誠に勝手ながら来年度に延期させていただきます。(2021.8.22)

福山市の新型コロナウイルス対策強化のため、8月9日~9月12日の間の土曜日・日曜日の施設開放(見学対応)と水曜日の週中茶屋(見学含む)は取止めます。なお、期間については変更の可能性もあります。(2021.8.9)

 8月14日(土曜日)・15日(日曜日)についてはお盆のため閉館とします。(2021.8.6)

◆ 2021年度の三大祭事業実施計画(開催日・場所)を当サイトホームの三大祭事業にのせています。

〇  「葛原邸に季節を掬って」のページを追加しました

  「葛原しげる校歌事業」に福山誠之館高校、賀茂高等学校、旧本郷工業高校を追加しました。

〇  当会開催の三大祭事業(生誕祭、葛原邸月見の会、くずはら祭)の様子を掲載

   当サイトの 三大祭事業に掲載していますので、ご覧ください。

週なか茶屋こと「にこぴんかふぇ

にこにこ茶屋から替わって…


 新型コロナウイルス対応のため、週中茶屋(水曜日)を取止める期間があります。当サイトのトップページやおしらせページをご覧ください。

※ 毎水曜日に行っています。「自分つくりを楽しもう」は当面お休みしますが、「ささやか教室」は再開しています。

 2018年末で終了しました「にこにこ茶屋」に替えて現在は「にこぴんかふぇ」を行っています。どうぞ、お気軽にお寄りください。中身としては、「葛原邸本宅を会場に自分づくりを楽しもう」と「ささやか教室を楽しもう」です。

◆日 時

 毎週水曜日(年末年始、8月を除く)  10時~15時

◆場 所

 葛原邸(福山市神辺町大字八尋1220-1)


◆内 容

 <葛原邸本宅を使って自分づくりを楽しもう>

 水曜日は葛原邸の本宅を開放しますので、皆さんの自分づくりのためにご活用いただきたいと思います。例えば、グループですと、何かの会、勉強会、講習会等々で、お一人・お二人ですと読書、ゲーム等々で。皆様の中で少しでもご関心がありましたら、この「にこぴんかふぇ」を覗いてスタッフにお声掛けください。なお、将棋盤や碁盤も置いています。

 <ささやか教室を楽しもう>  

 ※全て10:30~11:30の1時間くらいです。週が入れ替わる場合があります。葛原邸本宅にてスタッフと皆さんとで一緒に楽しみながらやっていきます。

 第一水曜日・・・葛原勾当発案の二弦琴に親しもう。

 第二水曜日・・・お抹茶を気軽に楽しもう。

 第三水曜日・・・ニコピン先生こと葛原しげる などの童謡を歌って楽しもう。

 第四水曜日・・・葛原しげる・勾当に因んだ朗読や語りをして楽しもう。

(二弦琴教室)

(お抹茶教室)

(童謡教室)

(朗読教室)


🎵 ご活用、ご参加される皆様の使用料は無料ですが、葛原文化保存会の活動趣旨(当サイトの「葛原文化保存会」に記載)にご賛同いただけ  る皆様は、任意としてお一人、1回当たり、200円の当団体へのご協力金としてお願いができたらと思っています。